Untitled Document
  • About Songpa
  • Culture/Tourism
  • Tour Guide
  • Resident Service
  • Information
  • Site Map

出土遺物

ソンパ(松坡)紹介 >文化財>出土遺物
青銅器時代のカラクドン(可楽洞)遺物
カラクドン遺物は、ソンパ区カラクドンにおける海抜約40mの低い山に位置する。ハンガン(漢江)から直線距離にして約2km離れている。
遺跡は1963年コリョ(高麗)大学調査団がこの一帯を調査していた時に発見され、簡単な試掘調査が行われた。青銅器時代の竪穴住居跡と無文土器、石刀、石鏃、紡錘車など、多くの遺物が出土した。
竪穴は、10×7mぐらいの方形であるが、本来、少し傾斜があるところを10〜50cmほど掘って作られており、内部からは火床や柱の穴などは確認されていない。
この遺跡から出土した無文土器は、いわば可楽(カラク)式土器と言われ、北朝鮮の西側の角刑土器の変形と思われる。青銅器時代前期の土器を研究する上で非常に重要な資料になっている。
민무늬토기 바리
無文土器鉢
可楽式土器は、変形角刑土器と言われる青銅器時代前期の無文土器である。口縁部に広さ4cmの粘土の紐が2重に折って貼られ、 紐が口縁に付着した部分は、爪や木片のような道具をもって、短い櫛目文が刻まれている。底の部分は比較的狭く平であり、 くほど徐々に広くなってラッパの形をしており、まっすぐな口縁の部分に繋がっている。
口縁部の直径37.0cm
底の直径11.8cm
高さ42.18cm
민무늬토기 항아리
無文土器壷
青銅器時代前期の土器としては珍しく首のある壷であり、まっすぐ伸びている首の長さは約3cmである。 肩は首の部分から急に広くなって胴部の方へ繋がるが、底へ行くほど次第に狭くなる。胴部の曲線が非常に美しい。 粘土質の生地には、粗い砂粒が多く混ざっており、比較的低温で焼かれていることが分かる。厚さは約0.6〜1.0cmである。
口縁部の直径15.0cm
底の直径11.4cm
高さ33.9cm
가락바퀴
紡錘車
青の斑岩を削って作られたものである。このような紡錘車は、糸車で糸を引き出す時に使われる木や鉄製の紡に挟み、 回転を良くするためのものであり、青銅器時代以降多用された。 焼いた土製や、石製のものが多く発見されている。
口縁部の直径15.0cm
底の直径11.4cm
高さ33.9cm
돌끌
石鑿
青の斑岩を削って作られたものである。このような紡錘車は、糸車で糸を引き出す時に使われる木や鉄製の紡に挟み、 回転を良くするためのものであり、青銅器時代以降多用された。 焼いた土製や、石製のものが多く発見されている。
長さ5.0cm
厚さ0.8cm
숫돌
砥石
長さ4.8cm 4.0cm
幅2.4cm 2.2cm
숫돌
石鏃
長さ3.0cm
幅0.9cm
厚さ0.3cm

Untitled Document