Untitled Document
  • About Songpa
  • Culture/Tourism
  • Tour Guide
  • Resident Service
  • Information
  • Site Map

オリンピック公園

文化観光 >’88ソウルオリンピック >オリンピック公園
オリンピック公園
公園造成理由
1986年のソウルアジア競技大会と1988年のソウルオリンピック大会に備えて公園を作り上げる。
公園紹介
夢村(モンチョン)土城地域を中心に、六つの競技場で構成。
夢村(モンチョン)土城と 周囲の緑地を造成し、1986年にオリンピック会館と五つの競技場(体操·重量挙げ·フェンシング·テニス·競輪場)を建てた後、1988年、水泳競技 場·彫刻公園を拡充してソウルオリンピック大会を開催した。体操·フェンシング競技場は、太陽光線を10%まで透過可能な特殊ファブリック天井と彩光度に よって照明を自動的に調節、また、観覧席の規模も調節できるように特殊設計されている。重量挙げ競技場の外壁には、半透明ファイバーグラスパネルを用いる 等、現代的な建築美が窺える。
ソウルオリンピック公園は、百濟(ベクジェ)の都の古代遺跡地で、長さ2,285mに及ぶ夢村(モンチョン)土城(史跡 第297号)を発掘·復元しては、造成した。
公園内には、ソウルオリンピックを記念して建てられた‘世界平和の扉’、‘ソウルとの出会い’、 ‘栄光の壁’を始め、初期百濟(ベクジェ)時代の遺物が展示された夢村(モンチョン)歴史館があり、66ヶ国の世界的な現代彫刻·造形作家により制作され た200余りの彫刻が展示されている。
その他、1990年9月い開館されたソウルオリンピックパークテルには、第24回ソウルオリンピック大会の全貌を一目で窺える、ソウルオリンピック記念館がある。
オリンピック公園は、歴史·芸術·文化·スポーツ·レジャーをまとめて接し得る、生きた教育の場として、スポーツ教室等の生活体育空間と文化·芸術等の公演場として利用されている。
公園落成日
1986年 5月
位 置
ソウル特別市 松坡(ソンパ)区 オリンピックロ 424
交通便
地下鉄
  • 2号線 蚕室(ジャムシル)駅 / 2号線 城内(ソンネ)駅 / 5号線 オリンピック公園駅 / 8号線 夢村(モンチョン)土城駅(平和の扉)
バス
  • オリンピック会館 : 支線バス 3312、3316、3411 / 幹線バス 361
  • 南4門 平和の扉 : 支線バス 3412、3413 / 幹線バス 340
  • 南2門 競輪場 : 支線バス 3412、3413
  • 東2門 オリンピック公園駅 : 支線バス 3412、3413、4313 / 幹線バス 371
オリンピック公園

Untitled Document