Untitled Document
  • About Songpa
  • Culture/Tourism
  • Tour Guide
  • Resident Service
  • Information
  • Site Map

婚姻届

居住者サービス >行政サービス>婚姻届
韓国で婚姻の届出をする場合
韓国で韓国人と外国人が婚姻する場合、婚姻のための実質的な成立要件は各当事者の本国法に基づき、婚姻の方式は韓国家族関係の登録などに関する法律に基づいて届出なければなりません。従って、外国人の婚姻当事者の国籍を証明する書面(戸籍謄本、出生証明書、旅券写本、身分登録簿謄本など)と、外国人が本国法に基づいて婚姻能力など婚姻成立要件を充たしていることを証明する書面(本国の官公機関、在外公館など権限のある機関発行)などを添付して家族関係の登録などに関する法律第71条に基づいた婚姻届を行う事ができます。
外国で婚姻の届出をする場合
外国で韓国人と外国人がその国の方式によって婚姻をし、婚姻証書を作成した場合は、1ヶ月以内にその地域を管轄する在外公館の長にその証書の謄本を提出しなければなりません。しかし、婚姻当事者の韓国人登録基準地の市(区)・邑・面の長に郵便で送付するか、帰国して直接提出することもできます。
韓国人男性が外国人女性と婚姻する場合
韓国人男性が外国人女性と婚姻する場合は、外国人配偶者は韓国人男性との婚姻届によって韓国国籍を取得するのではなく、韓国人配偶者の家族関係登録簿にのみ婚姻事由を記録します。以後、外国人配偶者が帰化して韓国国籍を取得した場合、帰化届に基づいて外国人配偶者の家族関係登録簿を作成します。
韓国人女性が外国人男性と婚姻する場合
韓国人女性が外国人男性と婚姻した場合には、韓国人女性の家族関係登録簿の配偶者に関する特定登録事項欄に婚姻届出書に記載されている配偶者の関連事項を記録します。外国人男性が帰化して韓国国籍を取得した場合は家族関係登録簿を作成します。

Untitled Document